ウーマン

敏感肌は洗顔料を慎重に選ぼう|低刺激のスキンケア用品

クレンジングとスキンケア

女性

刺激にならない商品選び

敏感肌の人が気をつけなければならないのが、クレンジング剤や化粧品などの肌に直接使用する商品選びです。人気ランキングなどを参考に安易に化粧品を選ぶことは、大きなリスクがあります。通常の肌質の人に比べ、敏感肌の人は些細な刺激で赤みや痛みを引き起こしてしまいます。汚れを落とすクレンジング剤には、エタノールやアルコールが含まれていることが多く、肌に刺激を与えてしまうことがあります。普通の肌の人を基準に作られている商品が多いため、商品を選ぶ際には成分表示表を確認して刺激となり得る成分が含まれていないものを使用することが大切です。敏感肌用のクレンジング剤や化粧品も多く販売されています。自分の肌質に合ったものを選ぶことがポイントです。

スキンケアの大切さ

成分を確認してクレンジング剤を選んだら、次は洗顔方法にも注意が必要です。化粧を落とす際にはクレンジング剤を優しく肌になじませながら汚れを浮かして落としていきます。力を入れたり時間をかけすぎることがないように気をつけなければなりません。商品によってはその後もう一度石鹸などで洗顔が必要なものもありますが、ダブル洗顔の必要がないと書かれている商品の場合はさらに洗う必要はありません。ダブル洗顔をしてしまうことで肌にダメージを与えてしまうことがあるためです。肌のお手入れをする際には、優しく丁寧にすることが大切です。敏感肌は、肌の水分バランスやバリア機能が低いため、洗顔後は化粧水や乳液での保湿ケアが必要です。

角栓を取り除く

鼻に触れる女性

角栓があると毛穴が目立つので、多くの女性がオイルクレンジングで角栓ケアをしています。また、若い世代は、専用のパックを使用したりもしています。角栓は押し出すと完全にとれますが、ケアの後の保湿が重要になります。

もっと読む

肌を刺激から守るために

化粧品

30代の肌は、ケアの仕方によって今後を左右する年代になってきます。自分にあう化粧品を見つけるために、ネットでのランキングを参考にするか、お店に行って美容部員などからアドバイスを受けることで、適切なケアをすることができます。

もっと読む

オールインワンで手軽ケア

コスメティック

忙しい30代のスキンケアは、オールインワン基礎化粧品を活用しましょう。洗顔後、これ1つで全てのスキンケアが完了します。アンチエイジングや美白成分を配合した、オールインワン基礎化粧品であれば、肌の老化を予防できるのでおすすめです。

もっと読む